ガン遺伝子解析の意義!



iryou...6



ガン細胞は、遺伝的要因に加えて、
老化、免疫力の低下、生活習慣、環境的な要因などにより、
正常細胞が急にがん化のサイクルに入ることにより起こります。


がん細胞は正常細胞とは異なり、無制限に細胞が増殖することで、
どんどん成長して、明らかに正常細胞と異なった、
ポリープのような細胞集団に成長します。


ある程度の大きさになった細胞集団は、画像解析によって、
ガン細胞の存在の可能性を確認することができます。


ガン細胞の疑いがあれば、細胞を生体から取り出して、
細胞染色などの方法で、悪性か良性かなどの判定をすることで、
がん細胞としての診断をすることができます。


しかし、ガン細胞を画像診断するためには、ある一定の大きさに、
ガンが成長して、5mm程度になる必要があります。


すなわち、ある程度ガンが発生してから時間が経たないと、
検出ができないのです。


一方、遺伝子検査では、細胞がガン化したすぐ後でも、
基本的にはガン細胞の検出が可能です。


このように、ガンの遺伝子検査では、分子レベルでの、
僅かな変化を、遺伝子的解析で検出することが可能ですし、


ガン化前の、僅かな細胞の中の遺伝子の変化を解析することで、
将来的なガン化への変化を、予測することも可能ですので、
がんの予防や再発への、大事な情報を得ることが出来るのです。






コメントを残す