ダイエットへの遺伝子検査の活用!



iryou...6



誰しも、ダイエットで、スリムな体型になりたいと思っていますし、
自分なりに、ダイエットの努力をしたことがあると思いますが、
同じことを友達としても、その効果の表れ方が、人によって違うのはなぜでしょうか?


それは人によって、栄養素の蓄積のされ方や、
蓄えたエネルギーの消費のされ方が、違うのです。


そこで、その栄養素の蓄え方や、
消費の仕方に関連する遺伝子を、分析することで、
効率的なダイエット方法が、理解できるのです。


この遺伝子のことを、肥満遺伝子と呼んでいます。


今では、簡単な方法で、遺伝子を検査するキットが、
1万円以下の、非常に安価な価格で売られています。


検査の方法は、他の遺伝子検査と同じで、
口腔内の皮膚を、綿棒で擦り取り、指定された場所に郵送するだけで、
数週間で、結果が郵送されてきます。


ある検査キットによれば、ご飯などの糖質を食べると、
エネルギーが蓄積されやすい体質の人は、
ポッチャリ型になると、されています。


また、栄養分が筋肉になりやすい、ガッチリタイプ、
脂肪を食べると、太りやすいタイプなどに、分けられます。


もし、このような結果が得られれば、
糖質で太りやすい人は、糖質を避けて、タンパク質を取るようにしたり、
逆に、脂肪で太りやすいタイプの人は、脂肪分の摂取を抑えて、
糖質を取るようにするなどの、効果的なダイエット方法の、
アドバイスを得ることができます。






コメントを残す